現金化の有効活用

家賃支払いに困ったら!最短5分振込のキャッシュラインに注目!

「家賃の支払いを忘れていた、なのに現金がない!」とお困りのあなた。借金をすると信用情報に傷がついてしまいます。ここはひとつクレジットカード現金化で対処してはいかがでしょうか。

「振込までの時間を知りたい」
「どのくらいのお金が用意できるのか知りたい」

そんな方々に向け、当記事ではスピーディな対応に定評のあるクレジットカード現金化業者、キャッシュラインの振込までの時間や、用意できる現金の金額についてお話しいたします。

キャッシュラインの振込までのスピードは?

キャッシュライン
キャッシュラインは貸金業者ではありません。あなたがクレジットカードで購入したものを再度買い取る、いわば古物商です。

あなたが今持っているカードで買い物をし、それを中古品店に売却するのと同じことですので、審査はありません。

主婦やフリーター、無職の方でもクレジットカードを持っていて、ショッピング枠に空きがあれば、どなたでもご利用いただけます。

審査が無く、24時間対応だからこそ、キャッシュラインはスピーディーな対応ができるわけですね。

最短5分とあるけれど

キャッシュラインのHPには、最短5分で振込とありますが、これは利用2回目以降の人なら5分程度で振込可能、という意味です。

初めて利用する人は、本人確認などの手続きが必要なため、5分では振込までたどり着けません。

申込みの手順は、まずキャッシュラインのHPにアクセスし、専用の申込フォームに必要事項を入力し、送信します。

その後折り返し電話が掛かってきますので、指示に従い、本人確認を済ませます。本人確認書類はどうやら2種類必要なようです。これをケータイのカメラか何かで撮影し、指定のアドレスに送付します。

また、このときクレジットカードの両面の写真を求められますが、知られたくないという場合は、クレカの写真は無しで手続きを済ませられるようです。

カード両面の写真を求められるというのがキャッシュラインが悪質といわれるゆえんですが、口コミを見るかぎり、カードを悪用されたといった話はないのでおそらく問題ないでしょう。不安であればカードの情報は秘匿してください。

本人確認が済みますと、クレジットカードの情報を渡した場合はキャッシュラインのほうですべて手続きを済ませてくれます。

たとえばショッピング枠10万円分を現金化したいなら、税込10万円の買い物をして、その後あなたのカードで購入した品を再度買い取ってくれます。振込はその後です。ここまでの所要時間は、おそらく1、2時間でしょう。

口コミにはもっと掛かったという声もありますので、これはあくまで目安をお考えください。

土日祝日も振込可能

キャッシュラインは年中無休ですので、土日祝日であっても振込をしてもらえます。問題は土日祝には銀行がお休みしているということですね。

口座に反映されるのは翌営業日以降となります。ただしゆうちょ銀行や楽天銀行などのネット銀行であれば、土日祝日でも口座反映が可能なようです。

もし口座をお持ちであれば、それを振込先に指定するとよいでしょう。

用意できる現金の額

用意できる金額は、あなたのカードのショッピング枠が「あとどれだけ買い物に使えるか」によって変わってきます。

たとえばあと1万円しか使えない状態であるのなら、1万円未満の金額しか用意できません。逆に10万円、20万円と使える状態であれば、それに換金率を掛けた額、それなりにまとまった額が用意できます。充分家賃を支払えるのではないでしょうか。

では、キャッシュラインの換金率はどれくらいなのかというと、当日お金が振り込まれるプランであれば、15万円未満の現金化で、だいたい76%前後です。

これは消費税と手数料5%を加味した数値で、カードの種類によっては大きく上下する可能性がありますが、基本的にはこのくらいだと考えてよいと思います。

微妙な数値に感じられるかもしれませんが、大体相場くらいの換金率ですね。キャッシュラインの換金率は80%を超える、などと言っているサイトもありますが、消費税は利用者負担ですから、それを考慮すると実質換金率は80%に届きません。

キャッシュラインの特徴まとめ

以上、キャッシュラインの申込みから振込までに掛かる時間、用意できる現金の額についてお話しいたしました。

最短5分とは2回目の利用以降のことで、初回は本人確認等に時間を取られ、5分以内に振込が済むことはありません。換金率は普通といった感じ、用意できる金額はショッピング枠の利用可能額に拠ります。

今は新規利用者に2回目の使用の際換金率が5%アップするクーポンが配布されています。申し込むなら今がお得ですね。

【関連記事】キャッシュラインの評判と換金率紹介