確認しておきたい事

電話占いを頼りたいと思うとき

電話占いは、電話、スマートフォンで、すぐに占いをしてもらうことができる方法です。今の時代、よけいに占い欲求が過熱したとも言えるのではないでしょうか。いつの時代だって、占いがすたれたということを聞いたことがありません。私達は、もうちょっと占いの持つ本質について知る必要があるのではないでしょうか。

古代メソポタミア文明においては、現在の12星座のベースとなるものが作られたと言われています。日本でも卑弥呼の時代には占いが政治にも利用され、 現在にまで占いの勢いが衰えることはありません。陰陽五行説に基づいて占う「四柱推命」や、日本人なら誰でも知っている「血液型占い」など、多くの人たちがそのような占いとしっかり向きあった日常生活を過ごしています。

電話占いのコミュニケーションが嬉しい

電話占いのコミュニケーション
料金価格も、30分で5000円とか10000円と言った占い師の鑑定料は様々ですが、決して安いとは言えない料金設定です。それでもやっぱり、多くの人たちが占い師に占いをして欲しいと願っているのです。ブランド商品なら、意味なく価格が吊り上がることで、商品の価値が生まれるのかもしれません。占い師にもそのような要素はあるのかもしれませんが、しかし、やっぱり占い師の場合、当たる評判が価格をつり上げると考えた方が良いです。高ければ高い程、占いしてもらう価値のあるのが占い師のようです。

でも、電話占いでもそうですが、占いに神様の力を期待している人たちもいるようですが、実際にはそうではなくて、占い師なんて所詮統計学だと考えるべきではないでしょうか。被鑑定者のデータが既にいろいろとあって、 このデータから言えることはこうだよねという診断の結果を導き出しているのです。最近幸せなことがあっただろうという言葉は、そのような結果投げかけられる言葉です。占い師が神がかりのものでないのなら、大事なものは、いかに多くのデータを集めることができるかです。より多くの被鑑定者の情報を得れば得るほどに、占いをしてもらう人たちの結果の精度をアップさせることができます。

電話占いだって恥ずかしい気持ちがある

電話占い 恥ずかしい
電話占いは、目の前に相手がいないので、すんなり自分の悩みを打ち明けることができるというメリットはあるでしょう。今、電話占いが流行っている理由の一つはそれかもしれません。

しかし、それでも、占いをして欲しいと思っている人たちは、占い師の前にたち、思っていることをスラスラと言えない傾向はあります。なぜなら、占いしてもらおうとしていることは自分の抱えている一番恥ずかしい部分であり、本来、そのようなものは人前にさらさず生きていくことに私達は慣れているからです。

占い師は、占いをして欲しいと思っている人たちが、そのようなモチベーションで占い師と接していることもよく知っています。しかし、占い師がそのとき、占いをしてもらっている人たちの心を和ませてくれて、心の中にまですっと入ってきてくれるものなら、占いしてもらおうとしている人たちは、自分の想像以上に、思ったことが言えるようになり、この占い師は凄い……という思いにもなります。

そして、もう占い師とコミュニケーションを持っていることだけで、とても気分が良く、ストレスも解消したような気分になることができます。電話占いのこのような流れが詐欺、ペテンと言っている訳ではなく、人間って、このような方法に縋り付きたいと思っている自分がいるということをあらかじめ知っておいた方が良いのです。人間って、思っているよりも全然強い存在ではなくて、だから、占い師に頼りたいと、強く見える男性だって時として思うことがあります。そのときは強がらず、やっぱり占い師と向きあってみましょうよ。